カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ
RSS
 

かけがえのないMIEさんの存在

はっぱラインはっぱライン

MIEさん

京都の老舗西陣織で修行していたMIEさんは

生地の生産過程や取り扱いにも豊富な知識があり、

何より繊細で器用な感覚の持ち主です。

はっぱラインはっぱライン

キッズムーンが産声を上げた2010年は、私一人で全ての作業をこなしておりました。

そのため早朝から眠りにつくまでんやわんやの日々。

どなたか手貸して下さる方がたら・・・と切望してはおりましたが、たとえお手伝いのスタッフを頼んだにしても、お礼をお支払いする力はありませんでした。

当時の私には経営の知識が無く、仕事はたくさんあっても収益を残すことができなかったからです。

そんな中、MIEさんは時間を見つけては、作業場に足を運んでくれるようになりました。

お茶とお菓子のほかにお礼ができないことが、毎回大変申し訳なく思う私に、

「ここにいると楽しいから来ているだけ。」

「ハンドメイドは大好きだから。」

「一人で家にいるよりもずっといいから。」

そう言って、その後約一年間も、キッズムーンのお仕事を無償で手伝って下さいました。

必ずお給料を払えるようにするからね、経営もちゃんと勉強するからね、と約束する私に、

「そんなこといいのに。でもそうなったらすごいね、夢みたいだね。」

と笑ってくれました。

そんな彼女がいたから、キッズムーンに経営理念が生まれ、翌年からはスタッフ仕事をお願いする体制も整い始めました。

「お客様に安心と幸せを。スタッフにも安心と幸せを。」

まだまだ目標には及ばない部分もありますが、現在7名のスタッフがお客様に生活の一部を支えていただいております。

その始まりとなった、キッズムーンにとってかけがえのない大切なMIEさんは、長年の頭痛の原因が検査で明らかになり、現在療養中です。

今後はスタッフがやむを得ぬ都合で休職する際にも、サポートできる力を付けていきたいと強く思います。

お客様にも、ご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんが、どうぞご理解を賜りましたら幸いです。

はっぱラインはっぱライン