カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ
RSS
 

贅沢を極めた縫製とは?


スタッフの一人であるMIYUさんは、洋裁の専門学校を卒業後、誰もが憧れるプラタポルテのコートも縫製する会社に就職しました。

大変高価な製品ですから、お仕事に誇りをもって慎重に、されど次から次へと運び込まれる同じパーツを一日中、流れ作業で作り続ける日々だったとのこと。

素晴らしい縫製技術を持っているにもかかわらず、また素晴らしい製品を仕上げるお仕事にもかかわらず、製品に対してはどのような感情も込めようがなかったと言います。

「それが縫製という仕事で、当たり前のことと思っていました。」
と話すMIYUさんは、キッズムーンが【一つの製品の裁断から縫製まで、すべて一人のスタッフが仕上げている】ことに大変驚いていました。

初めて作業場を訪れた日には、工程を説明するたびに目を丸くして、
「こんなに、こんなにも贅沢な縫製はないですよ!」
と、何度も繰り返していました。

でも、私たちにとってこの過程は、過去にわが子に作ってあげた時と全く同じ。

当たり前と思って続けてきただけで、贅沢と思ったことはありませんので、大変驚き、そして嬉しく思いました。


半日から、長いものでは数日間かけて仕上げていると、自然と懐かしさと幸せな感情が、手作り品に込められてゆきます。

お子様が、どうか笑顔で幸せになりますように。
毎朝、泣かないで元気に幼稚園に行けますように。
一人一人のスタッフの胸に様々な思いや願いが自然に生まれ、心も表情も温かくなります。

そして、幸せを込めた品は、お持ちになるお子様に幸せをよびこむと信じております。

もっとリーズナブルに、もっとたくさんの品を作る方法もありますすが、残念ながら流れ作業の中は、この想いが生まることはありません。

たくさんのお客様に商品を提供することはできないことに、、申し訳ない気持ちになることも度々ですが、

やはりどんなに非効率的であろうとも、裁断から完成まで、ひとりの手が生み出さなければならないと考えています。

お客様には、様々なご意見を頂戴することもございますが、この方針だけは今後も変更することなく、続けてまいります。

ご理解を賜りましたら幸いです。

ページトップへ