カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ
RSS
 

手作り品のデザインについて

当店の入園グッズは、オリジナルブランドの『既製品』ではございません。

手作り品を推奨する園の保護者の方のために、お裁縫大好きなスタッフが代理でお作りする『手作り品』です

★「オリジナル」について当店の見解

当店で販売している入園グッズはすべて、一般の手芸店で販売されている生地を使用しております。

そのため、完成品のオリジナルは、生地メーカーさんやテキスタイルデザイナーさんにあります。

当店では、「完成品の販売可能」として下さる生地メーカーさんのご厚意により、お客様に手作りのご入園グッズををお届けしております。

なお当店では、お客様にご迷惑をかけることのないよう、

販売禁止の生地やモチーフについては、予めの確認に努めております。

どうぞご安心くださいませ。

■当店定番デザインにつきまして

以上を十分踏まえた上で、生地の配置等のデザインは、スタッフ全員で楽しく考えながらお作りいたしております。

当店の定番デザインである、メインのモチーフ生地の上下に、同系色の生地を配置する3色切り替えのデザインは、2011年に当店スタッフの手から生まれました。

(2011年モデル・デニムの車)

当時「デニムの車シリーズ」の第1作目として誕生したこの3色づかいのデザインは、車のモチーフがより可愛らしく引き立ち、お客様からも大好評をいただきました。

翌2012年には、同デザイン「デニムの車供廚発売され、当店の定番デザインとなりました。

その後少しずつ、同デザインを電車やバレリーナなどの様々なモチーフにも展開し、それまでデニム1色だったカラ―も、ブルー・グリーン・ピンク・レッド・水色の中からお選びいただけるようになりました。

   (2012年〜フラワーハート)

また、裏側を無地にすることで、お名前ラベルやポケットなどのアレンジを加えられるようになったのは、お客様からご要望をいただいたことがきっかけでした。

このように当店では、実際にお使いになる方々のお声に耳を傾け、よりお客様のニーズに合った製品作りに努めております。

今後も当店の商品につきまして、お気づきの点がございましたら、どうぞ皆様のお声をお聞かせいただけましたら幸いです。

■お子様のお気持ちが最優先

当店では、恐竜やハートなど、お子様が大好きなモチーフの生地を使用しております。

カラ―についても、お子様好みの明るいもの選びました。

これは、以下のような当店のコンセプトによります。

★大人の好みとは少し違うにしても、お使いになるのはお子様であること。

★ご入園後、お子様がおともだちのグッズをうらやましく思うことのないよう、お子様の最高のお気に入りをお届けすること。

2014年より、お客様のお声からお受験ライン(ネイビー単色)がスタートいたしますが、ここでもお子様の大好きなモチーフをお付けしております。

お子様の小さなかわいらしい自己主張を、ほほえましくご覧になっていただけることと思います。

■お子様ご自身がお選びになる楽しみ

保育園にご入園される1歳前後のお子様と、2年保育でご入園されるお子様では、成長の過程でお好みもかわってまいります。

そのため当店では、ひとつのモチーフに対して2つ以上のデザインをご提供しております。

★幼さがかわいらしいデザイン(お誕生〜年少さん向)

★小学生でも使えるお洒落なデザイン(年中さん〜小学生向)

実際にお子様にご覧になっていただき、お気に召したデザインをお選びいただけましたら幸いです。

■ご入園後の、お母様どうしの会話やお気持ちについても考えました

当店でお作りするご入園グッズは、比較的シンプルであることも特徴です。

メインの生地がよりかわいらしく引き立つよう数種類の生地を組み合わせておりますが、デザイン的、機能的にも、余分なものはなるべく避けるように心がけております

これは、あるお客様よりお寄せいただいたお声によるもので、立派すぎる完成品は、「ママの手作り」の範囲を超えてしまい、好ましくない意味で目立ってしまうとのこと。

その方は、お一人目のお子様がご入園される際、機能・装飾ともにたくさんのアイディアを詰め込んだ入園グッズをオーダーされた経験をお持ちでした。

商品到着時にはご満足されたものの、ご入園後は、周囲の目を引いてしまい、

「素敵ね、これはご自身でお作りになったの!?」と、次々に先生やお母様方から賞賛のお声をかけられ、ご返答するのが辛かったとのお話でした。

当店のお品物は、材料や手順は、一般のママが手作りする方法と同じですから、このようなご心配のないよう配慮いたしております。

どうぞご安心くださいませ。

万が一、このようなご質問をお受けになった際には、

「ハンドメイドが得意な方にお願いしたの。」とお答えくださいね。

私たちは、いつでもお客様のお悩みをサポートできる、身近な存在でありたいと願っております。